離れ乳を治す方法とは?

どんな女性でも少なからずバストの悩みを抱えているものです。それは大きさだけではなく、形やバランスなどとさまざまな問題がありますよね。

そんな中でもとくに多いのが『離れ乳』に悩む女性です。離れ乳とは、左右のバストが普通の人よりも離れてしまっている状態を表します。

バストが左右離れているだけで、全体の形まで悪く感じてしまうでしょう。また横に広がっていることで太って見えたり、実年齢よりも老けて見えることもあるのです。

『離れ乳は生まれつきだから…』

そう諦めてしまうのはもったいないでしょう。離れ乳は生活習慣などから自分で作ってしまった場合も多く、毎日を見直すことで改善されるのです。

そこで今回は離れ乳を治す方法を具体的に紹介します。バストの悩みをなくし、女性として自信を持てるように努力してみてくださいね。

離れ乳はどんな状態を表す?

離れ乳の定義

離れ乳とは、左右のバストが離れて外側を向いている状態です。しかしこれだと自分のバストが離れているのか判断しにくいでしょう。

まず理想的なバストの位置とは、鎖骨の中心とバストトップを結んだ線が正三角形になります。それが離れ乳の場合は、二等辺三角形になってしまうのです。

二等辺三角形になるのは、バストトップを結ぶ底辺が長いことが理由となります。つまり理想な形よりも広がってしまっているということです。

鏡を見て二等辺三角形になった場合は、離れ乳であるといえます。バストのバランスが悪い状態ですので、早めに改善していく必要があるでしょう。

重力に負けて垂れている

重力に負けてバストが下に垂れているのも離れ乳の状態です。通常はバストトップが上向きであるのに対し、離れ乳は下がり気味になっています。

バストは脂肪でできているので、重力の影響をダイレクトに受ける部位です。毎日生活しているだけでも重力がかかり、少しずつ下がってきてしまいます。

また寝るときの向きや動きによっても、バストが流れてしまうでしょう。その積み重ねで少しずつ離れ乳になってしまうのです。

ハリがない

ハリがないバストも離れ乳を表す状態です。バストのハリとは大きさとは異なります。小さいバストでも弾力性があれば、ハリのある綺麗なバストです。

反対に大きいバストでもハリがないとたるんで見えてしまいます。ハリがないバストは、徐々に離れ乳になってしまうのです。

バストのハリを持たせているのは、バストにあるクーパー靭帯です。このクーパー靭帯が緩んでしまうと、バストのハリが失われてしまいます。

クーパー靭帯はバストが揺れることで伸びてしまい、一度伸びると元には戻りません。運動をしたり寝ているだけでもクーパー靭帯が伸びて、ハリがなくなっていくでしょう。

あなたは離れ乳?チェック方法

離れ乳の定義でもお伝えしましたが、離れ乳かどうか確認する方法をまとめてご紹介します。これでチェックをしたうえで、離れ乳の原因や治し方を確認していきましょう。

先ほど紹介したのは、鎖骨の中心とバストトップの形です。底辺が長いことで二等辺三角形になってしまう場合は離れ乳となりますね。

その他にも、

  • 手でバストを寄せてもキレイな谷間ができない
  • バストの間に隙間ができてしまう
  • 服を着たときにバストが外に開いて見える
  • 出産・授乳を経験してバストのボリュームがなくなった

ということも該当するのです。

離れ乳によるデメリット

老けて見える

バストの印象だけで、女性は実年齢よりも老けて見えてしまいます。離れ乳はエイジングバストと呼ばれ、見た目年齢を上げてしまう原因になるでしょう。

上向きのバストは視線を上にあげてくれます。それだけでバストを含めて、全体的にも若々しく見えるのです。

一方で離れ乳は下向きのバストなので、力が抜けたような印象を与えます。バストが潰れて垂れているように見えることで、実年齢よりも老けて見えてしまうのです。

太って見える

バストの形は前から見た印象だけだと思われますが、実は後ろ姿にも大きく影響します。離れ乳の原因を作ることで、背中にお肉が流れてしまうのです。

そうすると体重に変化はなくても、お肉がバスト以外に移動して太って見えます。少しずつワキや背中に肉がつき、後ろ姿がたくましくなってしまうでしょう。

貧乳に見える

離れ乳になると、バストの大きさに関係なく貧乳に見えてしまいます。これも離れ乳の原因を作る『ブラジャー選びの間違い』によるものです。

バストは重力から守り支えてあげる必要があります。それを怠ると、少しずつバストは離れていってしまうのです。

離れ乳になることで、背中にお肉が移動してしまいバストが小さくなります。バストが大きかった人も、離れ乳になり貧乳のイメージがつく女性もいるでしょう。

離れ乳の原因とは?

離れ乳を含むバストの大きさや形は、生まれつきだと考えている人も多いです。しかし最初にお話ししたように、離れ乳は生活習慣が原因で作られます。

まずは自分で離れ乳の原因を生んでいないかチェックしてみてください。原因が分かれば、対策方法や解決方法も導くことができるでしょう。

ノーブラで過ごしている時間が多い

離れ乳になる原因に、ノーブラで過ごすことがあります。ブラジャーは、ワイヤーが入っているので締めつけが苦手な人もいるでしょう。

外出するときはブラジャーを着けていても、帰宅すると外してしまう人もいます。また夜は必ずノーブラ派という女性も多いですよね。

しかしブラジャーをつけないと、バストが常に揺れ動いている状態になります。重力に負けてしまいクーパー靭帯が損傷しやすくなるので、離れ乳になってしまうのです。

夜寝るときだけなら大丈夫だと思われがちですが、寝ているときも人はさまざまな方向へ動いています。その状態を続けることでバストが流れてしまい離れ乳を作り出すのです。

ブラジャーのサイズが合っていない

ノーブラと同様に、ブラジャーのサイズが合っていない場合も離れ乳になります。今一度自分の着用しているブラジャーのサイズを確認してみましょう。

そもそもブラジャーは、重力などの影響によって型崩れしやすいバストを支える役割をしています。バストを支えるクーパー靭帯が伸びないようにバストをキープさせているのです。

ブラジャーのサイズが合っていれば、動いてもバストの揺れを抑えてくれます。しかしサイズが合っていないと、バストが揺れたり潰したりしてしまうでしょう。

サイズが合わずにバストの位置が定着しないことで、離れ乳になってしまいます。またバストのお肉が背中に移動してしまう原因にもなるのです。

『2~3年前に下着屋で計測してもらったから問題ない』と思うのは大間違い。バストやアンダーは日々変化するものですので、半年~1年周期できちんと計測するようにしましょう。

寝ているときに横流れする

寝ているときにバストが左右に流れてしまうのも離れ乳の原因となります。特にノーブラで寝ていると、重力によりバストが横に流れていくのです。

寝ているときは、上向き・横向き・仰向けとさまざまな体制になるでしょう。実は何十回も寝返りをしているものです。

どの姿勢で寝ていても重力は下向きですので、バストはワキや背中に流れていきます。寝ているときのケアで離れ乳になるかならないかの明暗を分けるといえるでしょう。

授乳期にクーパー靭帯が伸びる

クーパー靭帯は、乳腺を筋肉や皮膚とつなぐ役割をしています。またクーパー靭帯はコラーゲン繊維であるので、伸縮性はありますが伸びると元に戻らなくなってしまうのです。

出産をして授乳期が終わると、バストが妊娠前より小さくなったと悩む女性は多くいます。これもクーパー靭帯が緩んで胸を支えられなくなったことが原因です。

少しずつバストの位置が下がってしまい、離れ乳に変化してしまいます。授乳中は育児で忙しく、バストケアまで手が回らない女性がほとんどです。

ノーブラで過ごしたり、バストのケアをせずに放置してしまうことも離れ乳を加速させてしまいます。早めに改善できるようにすることが大切です。

大胸筋が衰えてくる

バストアップするときは、腕立て伏せをするなどして大胸筋を鍛えます。大胸筋を鍛えることでバストアップの効果があるのです。

大胸筋とは、バストの一番近い場所にある筋肉となります。バスト自体は脂肪ですので、大胸筋がバストを支えてくれています。

この土台の筋肉をきちんと作り上げなければ、バストは支えるものがなく垂れていくのです。大胸筋は鍛えなければ衰える一方なので、年齢を重ねると自然に離れ乳になるでしょう。

ホルモンの乱れ

離れ乳は、ホルモンバランスの乱れも大きく関係しています。女性ホルモンとバストは密接な関係があるのです。

女性ホルモンの分泌は20代前半がピークとなり、そこから下降傾向にあります。女性ホルモンの分泌が少なくなると、バストにハリがなくなってくるでしょう。そして形も崩れます。

女性ホルモンの分泌は40代に入ると急激に減るのです。それにより離れ乳が勝手に進んでしまい、見た目バランスの悪いバストになってしまいます。

生まれつきの骨格や遺伝の場合もある

すべての人が該当するわけではありませんが、もともとの骨格や遺伝も離れ乳の原因となります。女性の骨格は『筒形タイプ』と『薄型楕円形タイプ』の2種類です。

筒形タイプの人は身体に丸く厚みのある体型で、前からも横からも差がないのが特徴となります。薄型楕円形は。横から見ると身体が薄いのでやせ型の人に多いです。

この2種類の骨格のうち、筒形タイプの人に離れ乳は多くなります。筒状の骨格なので、必然とバストが外側を向いてしまうのです。

筒形タイプは、

①正面から見るとアンダーバストの幅が狭い
②横から見ると身体に厚みがある
③ブラジャーのワイヤーが気にならない

という3つに当てはまります。

自分の骨格を知ることは、とても大切なことです。お風呂前に裸になって、鏡でチェックしましょう。

姿勢が悪い

猫背や前かがみになる状態も離れ乳の原因です。最近はスマホを見ることが増えたので、自然と姿勢が悪くなっている女性は多いでしょう。

猫背になるとバストの筋肉を緩めてしまい、使われない状態になってしまいます。それによりバストが垂れてしまうのです。

また姿勢が悪くなることで反り腰(背面の筋肉が足りず腰への負担が大きくなっている状態)になってしまう人もいます。反り腰の姿勢もデコルテからバストまでの角度が急になってしまうでしょう。

そうすることで助骨が開きやすくなり、バストも広がるので離れ乳になってしまいます。うつ伏せ寝をするときも反り腰になりやすいので気をつけてください。

離れ乳を治すには?

ナイトブラで矯正する

離れ乳になる原因にも『ノーブラ』や『寝ているときの横流れ』を紹介しました。それでも寝ているときにブラで締めつけられることに抵抗がある人もいるでしょう。

ナイトブラの多くはワイヤーが入っていないので、ストレスなく着用できます。さらに伸縮性や着圧があることで、寝ているときにバストケアをしてくれる効果まであるのです。

ほとんどの人は1日の3分の2を寝て過ごしています。その長い時間をノーブラで過ごしてしまうのは、バストにとって最悪な状況となるのです。

寝返りなどで揺れ動き、重力によってさまざまな方向へ移動するバストをキープしてくれます。脂肪の流れもクーパー靭帯の流れも防ぐのは、ナイトブラでないとできないことでしょう。

離れ乳になってしまった場合、流れたお肉を元の位置に戻してキープする必要があります。それには外部からバストをしっかり支えて矯正してあげることが大切です。

女性ホルモンを補う

女性ホルモンが減少するとバストのハリがなくなり離れ乳となります。そこで少しでも女性ホルモンを補うことで、バストのハリを維持できるのです。

女性ホルモンを補うためには、サプリメントが有効となります。女性ホルモンの分泌を促したり、ホルモンバランスを整えるサプリメントは多いです。

安いものではなく、品質保証のされているサプリメントを選んでください。また無添加のものなどもおすすめです。

正しいサイズのブラジャーを着ける

サイズの合わないブラジャーは、ノーブラでいるのと同じです。むしろバストを潰してしまい、離れ乳だけでなく型崩れを起こす原因にもなります。

離れ乳を治すためには、正しい位置にバストを戻さなくてはいけません。そのためにも自分のバストにピッタリと合ったブラジャーを身につけましょう。

ブラジャーのサイズは、トップとアンダーのサイズから選びます。できれば下着屋さんでプロに測ってもらうと正確な数値が出るのでおすすめです。

また肩紐の調整も大切なポイントとなります。あるべき位置にバストを固定するためにも、肩紐やホックも意識して着用してください。

バストの筋肉を鍛える

バストそのものは脂肪で作られていますが、近くには大胸筋という筋肉があります。大胸筋が衰えてしまうと離れ乳の原因となるので、しっかり鍛えるようにしましょう。

大胸筋は、普通に生活していると鍛えることができません。腕立て伏せや、手をバストの前で合掌させるポーズなどをして、バスト周りの筋肉を意識させてください。

バストの土台となる筋肉を鍛えることで、バストの形崩れを予防してくれます。またクーパー靭帯の負荷が大幅に減るので、丸く綺麗なバストラインを長く保つことができるのです。

離れ乳を治す日々の心がけとは?

姿勢をよくする

姿勢が悪いと離れ乳や垂れ乳など、バストに悪い影響を与えます。どんなに毎日筋トレをしていても、1日中姿勢が悪ければ意味がありません。

姿勢が悪い状態でいることでバストを支える筋肉が緩み衰えてしまいます。立っているときも座っているときも、前かがみにならずにバストを前に突き出すようなイメージをしてください。

少し腹部に力を入れて、頭のてっぺんを天上に向けて伸ばしましょう。姿勢を日々心掛けるだけで、バストも体も綺麗に整えられてくるのです。

バランスのとれた食事をとる

朝昼晩と3色バランスのとれた食事をとるだけで、ホルモンの分泌を促します。女性ホルモンの分泌が多くなると、乳腺が発達するので離れ乳改善に役立つのです。

食事の中に大豆製品を入れると、より効果があります。大豆製品は、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが含まれているので効果的です。

納豆や豆乳などを取り入れて、離れ乳改善とバストアップまで期待してみましょう。持続することに意味があるので、途中で投げ出さずに続けるようにしてください。

質の良い睡眠を確保する

睡眠時間が短く、生活習慣が乱れていると、ホルモンのバランスが崩れてしまいます。また血行が悪くることで、バストの形まで変わってきてしまうのです。

繰り返しになりますが、女性のバストと女性ホルモンは強い結びつきがあります。ホルモンバランスを崩さないためにも、自分の睡眠時間を確保しましょう。

家事に育児に仕事にと、毎日女性は忙しいので寝ている暇なんてないかもしれません。しかしそんな中でも適度に運動をしながら、質の良い睡眠をとるようにしてください。

まとめ

こうして見てみると、離れ乳は遺伝よりも日々の生活が反映されています。少しの気の緩みがバストの緩みにもつながってしまうのです。

クーパー靭帯は伸びてしまうと改善できません。しかし肉を移動させたり、バストをキープして守ることはできます。

離れ乳に悩む人は、『今からでも遅くない』むしろ『遅いことなんてない』と思いましょう。ぜひ気づいたら離れ乳の治す方法を実践してみてくださいね。

コメント