ふんわりルームブラのお手入れ方法・洗濯頻度・干し方とは?

ふんわりルームブラ
ナナ
ナナ

ふんわりルームブラ大好きだけど少し高いよ〜!デリケートなブラジャーはお手入れで長持ちするか決まるからきちんとお手入れしないと!

美容のプロ集団である湘南美容外科と共同開発したナイトブラ、ふんわりルームブラ。その機能面はもちろん、デザインのかわいさからも多くの芸能人に愛用されていることで話題です。

とってもかわいいふんわりルームブラですが、お値段はあまりかわいくありません。1枚のお値段はなんと3,980円(税別)。カジュアルなランジェリーショップならパンツとセットで購入してもおつりがありそうです。

でも、バストのためには良いものを着けたい女子には、必須のアイテムですのでもちろん購入したいですよね。せっかく購入したなら、少しでも長く使いたいと思うのが女心。

少しでも長く使うためには、お手入れが重要です。今回は、デリケートなふんわりルームブラのお手入れ方法について紹介します。

  • 洗い方がわからない人
  • 長く大切に使いたい人

におすすめの内容になっていますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ふんわりルームブラの洗濯の仕方は?

洗濯方法

公式サイトで推奨されているふんわりルームブラの洗濯方法はズバリ、「手洗い」です。ふんわりルームブラに限らず、ブラジャーは非常に繊細で型崩れしやすい製品です。

オーダーメードブラジャーなどの高級品はもちろん、お手頃価格のブラジャーも型崩れや痛みを防ぐために手洗いが最も良いとされています。

間違ってもそのまま洗濯機に入れてスイッチオンはやめた方が良いですね。その一度の洗濯で、効果がないナイトブラになってしまう可能性大ですよ!

洗濯するときのポイント

ポイント1:熱湯厳禁!40度以下のぬるま湯がベスト!

ふんわりルームブラに付着する汚れは、大半が汗や皮脂にになります。このような汚れは水よりもお湯で洗った方が落ちやすい性質があります。

そう聞くと、熱湯殺菌というように熱湯には殺菌能力があるので、高温の方がより汚れや菌が落ちていいと思う方もいるかもしれませんね。

実際には、汗や皮脂などの汚れは、40度以下のお湯で洗い流すことができます。さらに、ふんわりルームブラの生地はデリケートです。

40度以上のお湯で洗ってしまうと、生地を傷める原因になってしまいますので、注意してくださいね。40度だと少しぬるいなと感じるくらいの温度ですね。

ちょうどお風呂の残り湯くらいがちょうど良い温度なので、お風呂のついでに洗うのが簡単でおすすめです。毎日手洗いだと大変な気がしますが、習慣にしてしまえば長続きしますよ。

ポイント2:パットは「押し洗い」、ブラは「振り洗い」で洗おう!

ふんわりルームブラを洗うときは、パットとブラを別けて洗うようにしましょう。パットをつけたまま洗うこともできますが、できれば取り外して丁寧に洗った方が、型崩れ防止になります。

ふんわりルームブラのパットは、ブラの脇の辺りから取り外せるようになっています。まずは、パットを外しますが、外す前に正しいパットの位置を覚えておきましょう。

私もやってしまった失敗なのですが、気にせず外したせいで戻す時にとっても苦戦しました。意外とうまく元の位置に戻すのが難しいので、よく覚えていてくださいね。

お湯と洗剤をいれた洗面器で洗っていきます。このとき、どちらもごしごしと擦り合わせたり、力を入れて洗うのはNGです。生地が傷んでしまうので、優しく丁寧に洗うことを意識しましょう。

洗い方は、型崩れしやすいデリケートなブラ本体は、洗面器の中で振り洗い。取り外したパットは、お湯の中で押し洗いを心がけましょう。

ポイント3:洗剤は優しい中性洗剤で!

基本的に、「酸性の汚れにはアルカリ性洗剤」「アルカリ性の汚れには酸性洗剤」と反対の性質で中和するのが汚れを取りやすくするポイントです。

洗濯用洗剤は、大体のものが「弱酸性」「中性」「弱アルカリ性」のどれかになります。ちなみに洗浄力の強さは中性に近くなるほど弱くなります。

デリケートな生地を洗うときには、「弱酸性」や「弱アルカリ性」だと洗浄力が強い分、ダメージも大きく向いていませんので、「中性」の洗剤を使います。

ふんわりルームブラの汚れは、汗や皮脂汚れがメインです。これは中性の性質を持つ汚れですので、洗浄力が弱めの「中性」洗剤でも十分落とすことができます。

もちろん、漂白剤など刺激の強いものは、生地を傷めたり、色落ちの原因にもなりますので使わないようにした方が良いですね。

ちなみに、柔軟剤を使うのもあまりおすすめできません。肌に直接触れるものだから柔軟剤で柔らかく仕上げたいという人もいるかもしれませんが、実は柔軟剤を使うと生地の吸収力が弱まるんです。

肌に着けるものは通気性もよく、汗などをよく吸収してくれないと気持ち悪いですよね。また、形が崩れる原因にもなります。ランジェリーの洗濯には向いていないことを頭に入れておきましょう。

ふんわりルームブラを洗濯するときにおすすめの洗剤は、オシャレ着洗い専用の洗剤です。デリケートな生地のための洗剤なので生地を傷めることも少ないため、長く使えること間違いありませんよ。

ポイント4:脱水ではなく、タオルオフ!

タオルオフ

手洗いしたふんわりルームブラは、干す前にしっかりと水気をとりましょう!ですが、水気をとろうとして強くしぼったりするのは形が崩れるのでもちろんNGです。

ふんわりルームブラのようにデリケートな生地の水気を取る方法としては、乾いたタオルを軽く押し当てながら優しく水気を吸い取っていくというのが最も生地を傷めません。

中には、デリケートな衣類の洗濯の時ようのオシャレ着洗いコースでも数分脱水するので、その感覚で軽く洗濯機で脱水だけするという方もいるようです。

確かにとってもお手軽に脱水できますが、脱水機能は数分でも生地にとってダメージになります。長く大切に使いたい人は、最後まで丁寧にお手入れしましょう。

どうしても脱水機能を使いたい人は、ブラジャー用の洗濯ネットに入れてから脱水しましょう。1、2分だけ脱水すれば十分に水気がとれます。

脱水機能は嫌だけど、タオルオフだと時間がかかり過ぎて続けられないという人には、野菜の水切り器を使うのもおすすめです。洗濯機のように高速ではなく、手動で調整できます。

なので、遠心力で生地が伸びるなどもなく、生地へのダメージはほとんどありません。その割には、水気はしっかり切ることができます。

サイズ的に問題がなければ、脱水にかけれない洗濯物にかなり有効な手ですので、興味のある人は、ぜひ取り入れてみてくださいね。料金も安いものでは、500円台で入手できますよ。

ポイント5:干すときは「陰干し」+「平干し」が鉄則!

ブラジャーの正しい干し方は、実は「逆さ干し」です。ストラップをはさんで干す人も多いと思いますが、生地の伸びにくいカップの下を2箇所洗濯バサミではさんで干すのが良いとされています。

ふんわりルームブラも、ストラップは見ての通り伸びやすい生地です。しかし、アンダー部分にはレースがあり干しにくいですし、アンダーも素材がゴムなので伸びやすいです。

そうなると、「逆さ干し」でも干すことができません。そこで有効なのが、「平干し」になります。字の通り、「平らに干す」ことを「平干し」といい、生地が伸びて欲しくないセーターなどに使われます。

普通のブラは、「平干し」すると濡れた重みでカップがつぶれるので、型崩れしやすくなります。その点、ふんわりルームブラはパットを抜いたらペラペラの生地だけです。

形を整えておく必要はなく、 大事なのは生地が伸びないように干すことだけになります。なので、どこも伸びる心配のない「平干し」が1番良い干し方という訳です。

「平干し」するときには、下になる面の風通しが悪いとニオイの原因になりますので、専用のネットを使いましょう。100円ショップの平干し専用ネットが、安くて使いやすいのでおすすめです。

また、直射日光や紫外線は、生地の黄ばみ・傷みの原因になります。特に皮脂や汗の汚れ残りは変色しやすいので、風通しの良いところで「陰干し」してくださいね。

ふんわりルームブラの洗濯手順

ポイントがわかったところで、洗い方の手順についてみていきましょう。難しいいことは全くないので安心してくださいね。

① ふんわりルームブラのパットを外して別けます。

② 大きめの洗面器などにぬるま湯と洗剤を入れます。特に、おしゃれ着用洗剤はデリケートな生地にはぴったりのものが多いです。洗剤が残らないようにしっかり溶かしてください。

③ ふんわりルームブラとパットをそれぞれ手洗いします。汗と皮脂をしっかり落としていきますが、生地同士をゴシゴシ擦り合わせると繊維やレースが痛んでしまいます。できるだけ優しく洗うことを心がけましょう。

④洗剤が残らないようにしっかりとすすぎます。洗剤残りも生地が傷む原因ですので気をつけましょう。

⑦ 水気をとって、陰干しする。

どうしても手洗いが面倒な人は?

ふんわりルームブラは、洗濯機の手洗いコースも基本的にNGです。しかし、手洗いは面倒で続かないという人は洗濯機を使うしかありません。

手洗いに比べると長持ち度は下がりますが、忙しい人にとっては自動で洗濯してくれる方が助かりますよね。洗濯機で洗うときのポイントはとにかく時間は短くすることです!

全自動の場合で、ランジェリーコースがあればもちろん選択してください。ランジェリーコースがない場合は、おしゃれ着洗いやソフト洗いなどでも良いですが、少し洗濯時間が長いのが難点です。

ベストは弱水流で5〜6分程度洗うくらいなので、お家の洗濯機の機能に合わせてコースを選択するか、手動で洗う時間を設定すると良いですね。ちなみに脱水は1分で十分です。

洗うときには、フロントにある調整用の三段ホックはきちんと止めて洗ってください。生地に引っかかってしまい、傷める原因や伸びる原因になります。

手洗いに比べるとダメージはありますが、最近の洗濯機は性能の良いものもありますので、上手に使ってストレスフリーなふんわりルームブラ生活を送るのが1番長く続きますよ。

長く愛用したいふんわりルームブラは丁寧に使いましょう!

ふんわりルームブラは、とってもデリケートなので丁寧に扱わなければいけないことがわかりましたね。しかし、それはふんわりルームブラに限ったことではありませんね。

「長く使いたいな」と思うものには、労力をかけて大事に丁寧に扱うのが当たり前ですよね。ふんわりルームブラも使えば使うほど良さがわかるので、手離せないアイテムにあること間違いありません。

また、長く使うには休ませるのも大事なので、3枚くらいをローテーションで使うのが良いです。まとめ買いだと1枚で買うよりお得なので、サイズがわかっている人はまとめ買いがおすすめですよ。

かわいいふんわりルームブラを大事に丁寧にお手入れして、できるだけ長く愛用しましょう!

コメント